旭川のミュゼで脇脱毛中!他のサロンに乗り換えも検討中!

小さい頃から毛深く、半袖になるのが嫌だった経験があった。小さい頃はムダ毛処理をするという発想が自分の中であまりなく、ただ毛深いことに対する劣等感のみがあった。

高校卒業し進学後、アルバイトをして少し自分で自由に使えるお金が出来たことなとがきっかけで脱毛に興味を持った。最初はネットかチラシで見た、安価で脱毛という言葉に惹かれ、ミュゼプラチナムでカウンセリングの申し込みをした。

ワキはコースを契約すれば満足いくまで無料で何回でも可能というものだった。

中学に入ってからはムダ毛処理も自分でしていたが、毛の生えてくる頻度が気になっていたのと、ワキ毛は毛根が太く自分で処理しても気になっており、自分の中で1番したかったワキの脱毛に興味をもった。

最初はワキの脱毛だけ出来れば良いやという気持ちでいたため、安い値段でワキの脱毛だけを希望していたが、毛のサイクルがあるため、何回かしなければ毛がなくならないことや、早めにしていた方が後々良いことなど説明を受けて少し心が揺らいだ。

そこまで言われると本当は全身脱毛したかったが、初めてだったこととまだ学生で払える額にも限度があったため、フリープラン(自分で脱毛する場所を選べるコース)の12回コースで契約した。

1番露出する機会が多い肘下とワキを中心に脱毛するこおに決めた。

最初の数回はあまり効果は見られず、少し毛が生えてくるスピードが遅くなったかなという感じだった。4回目ぐらいから毛が細くなったのを感じ始めた。

元々毛深く毛根も太いので、回数が必要だと感じた。

しかし、脱毛を始めてからムダ毛処理する回数は減っており、毛の処理をした後に残っていた毛根の跡も全く目立たなくなった。

ミュゼプラチナムに関しては、会員が多いこともあると思うが予約が取りづらく、脱毛したい日にちから何週間も後に予約を入れざるを得ないことも多々あった。

アプリがあり、24時間簡単に予約をとれることは便利だと感じている。
今は他の脱毛サロンに乗り換えを考えているので、口コミサイトを参考にして考えている。 旭川の女性におすすめのサイト⇒※脱毛旭川

カードローンは利子地獄から抜け出せなくなりそう?

1度借りたら、その利子地獄から抜け出せなくなりそうなイメージがあります。
ただでお金を貸して商売成り立つ分けないので(CMもやってるなら尚更)利子や他のところでお金をとられるのではないかと。
なのでカードローンのCMは見ていてあまり気持ちよくありません。

私の友人なんかは、消費者金融は上手に利用すると利子は多少は必要となりますが、それほどまでの利子が付くわけでもなく、借金の返済のためにまた借りてっていう悪循環に陥ることもないと言っていました。即日振込でローンを組むこともできたりするらしく、急にお金が必要になって、そんなときが給料日前っていうときには助かっているとは言っていました。。。

私はテレビをよく見るのでCMからの考察になってしまいますが、
これを作る制作費用は誰かが苦しんで払ったお金なんじゃないか、と見ていて思ってしまいます。
最近は利息返還が可能な過払い金を告知するようなCMも流れるようになったので、
やはり人外なお金が関係してくるのだろうと思います。手を出そうとは思わないです。
少し好感度の上がるようなCM作りが最近見られますが、裏では何をやっているのか分かりませんし、人の良さそうなCMを作ると言うこと自体が、世間とのギャップを払拭したい企業の表れですから、ますます信用なりません。

が、CMのパターンが多様化しているところを見ると、時代と言うか景気が反映されているのか、消費者の需要はあるのだろうと思います。
俗に言う、競馬のイメージキャラクターに美人芸能人を起用し若々しい清潔感のあるCMを作って、実際に現場に行くと、負け券が競馬場周りにも山のように捨ててあって酷い環境だった…というエピソードと同じです。

いくらイメージだけ良くしても実際は大変になる、それを広告では伝えていかないと、次々に手を出して自己破産、なんて言う事態になってしまうのです。もう少し広告の雰囲気を変えても良いのではないかと思います。
飲酒の広告に少し雰囲気を邪魔するような一文が入ったのと同じように、消費者に警告するような文面を載せても良いのではないかと感じます。私的にはオリックス銀行カードローンが安心ですけどね。

老夫婦と消えたかまぼこ。

先日、子供たちと一緒に近くのスーパーで買い物をしていた時です。
時間は昼前で、なかなか人が沢山いました。

レジでお会計を済ませて、荷物を袋につめていました。
すると、私たちの隣で老夫婦が何やら探しものをしていました。

老夫婦は結構な量の買い物をしたあとで、レジ袋にものを詰めている最中でした。
奥様が袋を一生懸命探していて、旦那様は腕を組み、ふんぞり返ってそれを見ています。

旦那様も一緒に探せばいいのにと内心思いましたが、赤の他人だしスルーしました。
位置的には、奥様、旦那様、私と子供が横並びになった状態です。

「ないわぁ…」と奥様。
旦那様はブツブツ文句を小さな声で言っています。

どうやら、買った何かを無くしたみたいです。
旦那様は、奥様が無くしたと決めつけてました。

「どこいったのかしら…かまぼこ…」弱り果てた奥様がつぶやきます。

ふと私が隣のカゴの近くをみると、旦那様とカゴの少しの隙間に、ビニール袋に入ったかまぼこがありました。

思わず、旦那様とカゴの隙間にスッと手を入れてかまぼこを渡しました。

旦那様は、しまったという顔をして、奥様は、散々自分のせいにした旦那様を小突いていました。
いっぱいお礼を言われたあと、今度は奥様が文句を言うターンでした。

旦那様はしょんぼりした顔で黙っていました。

まぁ間違いなく、旦那様が袋につめたやつをそこに置いたような配置だったので、若干自業自得ですが。
みていて少し面白かったです。