月別アーカイブ: 2019年2月

カードローンは利子地獄から抜け出せなくなりそう?

1度借りたら、その利子地獄から抜け出せなくなりそうなイメージがあります。
ただでお金を貸して商売成り立つ分けないので(CMもやってるなら尚更)利子や他のところでお金をとられるのではないかと。
なのでカードローンのCMは見ていてあまり気持ちよくありません。

私の友人なんかは、消費者金融は上手に利用すると利子は多少は必要となりますが、それほどまでの利子が付くわけでもなく、借金の返済のためにまた借りてっていう悪循環に陥ることもないと言っていました。即日振込でローンを組むこともできたりするらしく、急にお金が必要になって、そんなときが給料日前っていうときには助かっているとは言っていました。。。

私はテレビをよく見るのでCMからの考察になってしまいますが、
これを作る制作費用は誰かが苦しんで払ったお金なんじゃないか、と見ていて思ってしまいます。
最近は利息返還が可能な過払い金を告知するようなCMも流れるようになったので、
やはり人外なお金が関係してくるのだろうと思います。手を出そうとは思わないです。
少し好感度の上がるようなCM作りが最近見られますが、裏では何をやっているのか分かりませんし、人の良さそうなCMを作ると言うこと自体が、世間とのギャップを払拭したい企業の表れですから、ますます信用なりません。

が、CMのパターンが多様化しているところを見ると、時代と言うか景気が反映されているのか、消費者の需要はあるのだろうと思います。
俗に言う、競馬のイメージキャラクターに美人芸能人を起用し若々しい清潔感のあるCMを作って、実際に現場に行くと、負け券が競馬場周りにも山のように捨ててあって酷い環境だった…というエピソードと同じです。

いくらイメージだけ良くしても実際は大変になる、それを広告では伝えていかないと、次々に手を出して自己破産、なんて言う事態になってしまうのです。もう少し広告の雰囲気を変えても良いのではないかと思います。
飲酒の広告に少し雰囲気を邪魔するような一文が入ったのと同じように、消費者に警告するような文面を載せても良いのではないかと感じます。私的にはオリックス銀行カードローンが安心ですけどね。